奈良

済生会中和病院

〒633-0054
奈良県桜井市阿部323

施設の特徴

当院は桜井地区の中核病院で、外傷から慢性疾患まで幅広い医療を行っています。
総合病院であり、重症の内科疾患(透析の患者さんなど)の手術も、内科医や麻酔科医の協力の下に対応しています。また、小児の外傷も麻酔科や小児科などの協力で、手術を行っています。
高齢者の骨折例が多く、大腿骨転子部骨折・大腿骨人工骨頭置換術・橈骨遠位端骨折などの手術は、専攻医に主に受け持っていただく予定です。その他の外傷や慢性疾患も 経験豊富な指導医のもと、幅広い研修が可能です。

具体的な研修内容

2年コース

整形外科専門医制度専攻医研修プログラム(日本整形外科学会)に準じて習得します。
● 正確な診断、安全な治療の基本手技を習得します。
● 救急疾患、外傷の基本的診療能力を習得します。
● 外傷以外の重要な運動器疾患について理解、習得します。
上肢・手: 橈骨遠位端骨折など外傷を中心に手術を執刀していただきます。
         その他、ばね指・手根管症候群・肘部管症候群・母指CM関節症・関節リウマチ手関節形成術・鏡視下手術(肘関節、手関節)などの手術も指導医のもとに行っていただきます。
下肢  : 人工股関節置換術、人工膝関節置換術、膝鏡視下手術、下肢の外傷など指導の下に執刀
脊椎外科: 習得の程度に応じて、指導医のもと執刀
保存的加療: 関節リウマチの診断から治療(生物学製剤の使用まで)、骨粗鬆症など

1年コース

基本的には 2年コースと同様
初期の研修時には、外傷を中心に、適切な治療ができるように研修を行います。
基本的な手技を習得済みであれば、専攻医の希望により、領域を絞って研修を行います。

6か月コース

基本的な手技を習得済みであれば、専攻医の希望により、領域を絞って研修を行います。