奈良

奈良西部病院

〒631-0061
奈良市三碓町2143-1

施設の特徴

一般整形外科および奈良手の外科研究所として手外科全般に対しての診療を行っています。
サブスペシャリティーに関しては、特に手外科に重点を置いており、常勤・パートを合わせて2~3名の手外科専門医が適宜指導に当たります。また玉井進名誉教授の直接指導のもと、手術や診療の研修をしていただくことが可能です。

具体的な研修内容

2年コース

整形外科診療全般において必要な基本的スキルの習得および習熟をベースとして、より専門的な治療を行うための研修を行います。
学会発表・論文作成指導などを手外科専門医の指導のもと行います。
整形外科専門医取得ののち、最終的には手外科専門医を目指していただくために必要な技術・知識・経験の獲得が目標です。

1年コース

外基本的に二年コースと同じ研修となります。
整形外科専門医として必要な技術の獲得が目的です。
そのうえで手外科専門医を目指すために必要な研修が可能です。

6か月コース

手外科専門領域の治療において、重要である症例の手術診療経験が目標です。
より専門的な治療経験をつむことでサブスペシャリティーに関しての適性を確認でき、今後の研修にも役立つ技術が学べる機会です。