奈良

大和橿原病院

〒634-0045
奈良県橿原市石川町81

施設の特徴

大和橿原病院は、整形外科平均年間手術数600例を超えている急性期病院です。常勤整形外科医師は5名で、すべて専門医・指導医です。
平成25年の手術内訳は、下肢人工関節112例(THA21、TKA91)、手外科関連113例、関節鏡手術76例、大腿骨近位部骨折75例でした。
外来は3-4体制で行われており、上記に加えて関節リウマチと骨粗鬆症患者さんが多いのが特徴です。研修は2年間を基本とし、現在すでに1名の後期研修医を受け入れています。
平日は9-17時勤務を、土曜日は9-13時勤務としています。
救急を積極的に受け入れるよう心がけており、日勤帯の救急患者さんの診察は、指導医のもとで研修医が診察することになります。
当直業務は別に定められています。月に2-3回の整形外科輪番当直を勤めていただくことになります。
みなさまの参加をお待ちしています。

具体的な研修内容

2年コース

後期研修は2年間コースを基本としています。
手術部門としては、①下肢人工関節(THA、TKA)の適応と計画作図を理解し、手術の助手がこなせるようにする。②手外科関連の橈骨遠位プレートの設置法の理解と実践、腱縫合法の理解と実践、神経剥離術の理解ができるようにする。③膝関節鏡の取り扱いができるようにする。ACL損傷の再建術の理解ができるようにする。④大腿骨近位部骨折の治療ができるようにする。
外来部門としては、画像診断、患者説明、保存治療法、適正な手術タイミングの選択とICができるよう、週に2-3回の外来診察見学を行う。術後の経過観察を主な目的として、週に1回の外来診察を担当する。
現状では、このようなカリキュラムで研修が行われています。

1年コース

1年間のコースはまだスタートしておりません。2年間のコースの選択を減らして短縮して行う可能性と、後期研修2年間終了後のオプションコース(アドバンスドコース)として行う可能性があります。おたずねください。

6か月コース

6か月間のコースは設定しておりません。下肢人工関節、手外科、リウマチ、骨粗鬆症に対するマスターコースとして設定される可能性があります。おたずねください。

大倭病院

〒631-0042
奈良市大倭町5-5

施設の特徴

当院は基本的には老人病院で、以前は頚部骨折が年間20例ある程度でした。しかし私が赴任してからは、股関節の手術が増え年間180~200件の人工股関節を施行しています。
今のところ当院で取れる単位としては、下肢―股関節(6ヶ月)、リハビリ(3ヶ月)くらいなので、コースとしては6ヶ月が限度でしょう。実際にこの制度が始まるころには、外傷の単位をとれるようにして、1年コースを作りたいと思いますが。

具体的な研修内容

6か月コース

この間に90から100例の人工股関節があるので、30例くらいは手術を施行してもらえるでしょう。 
人工股関節をA.簡単なもの、B.難しいもの、C.極めて難しいもの、に分けるとすると、A.は出来るようになっているでしょう。Bが出来るようになっているかは君のモチベーションしだいです。
私がここに赴任してから11年たち、人工股関節の手術数は累計で2000例になりますから、学会発表のネタは事欠きません。
現実には、当院で抄録を書き、発表時は他院に転勤しているでしょうが、特に問題は無いと思います。
学会発表を希望する方は早めに申し出て下さい。

倉病院

〒630-0256
奈良県生駒市本町1-7

施設の特徴

当院は平成27年に創立80年になる、生駒市にある整形外科中心の私立病院で、平成26年に新病院が完成しております。今回の専門医の研修にあたって膝関節のsub-specialityな病院になっており、ここ数年の年間膝関節の手術件数は、半月板ならびに遊離体を中心とした鏡視下手術150例、人工関節置換術:60~70例、ACL再建術:15~30例、高位脛骨ならびに脛骨粗面の骨切り術:約5~10例等であります。膝関節のスペシャリストを目指される先生の最初の研修病院としては良い病院であると思います。また膝関節以外の疾患でも骨折を始めとした外傷症例が約150~200例、脊椎症例も40~50例ありますので、膝以外の疾患においても十分に研修していただけると思います。

具体的な研修内容

2年コース

外膝関節外科
半月の形成切除・縫合ならびにACL再建術の移植腱の採取ならびに骨孔の作成を行っていただきます。技術指導ならびに研修会等の参加も応援します。TKAにつきましてはMIS-TKAならびに通常のTKAの手術の習得をめざします。次の病院に転勤しても膝の外科医として自分なりに膝関節を考らえられる力を持った整形外科医になって頂きたいと思っています。
外傷外科
最初の12カ月で通常の骨折治療を勉強して頂いた先生には骨折治療学会等の研修会に参加して頂き知識の整理とまた学会発表を希望される場合は、骨折治療学会あるいは中部整災での学会発表の指導を行います。
脊椎外科
腰椎椎間板ヘルニアならびに腰部脊柱管狭窄症の自分で考えながら執刀できる手術手技の習得をめざします。可能であれば頚椎の脊柱管拡大術や椎弓根スクリューの手術も経験して頂きたいと思っています。

1年コース

膝関節外科
半月の切除、遊離体摘出ならびに滑膜切除等の手術を出来るところまで執刀して頂きます。ACL再建術においては、移植腱の作成や骨孔の位置の確認等の手術方法から指導を始めます。TKAにつきましては症例の難度をみて随時易しい症例から出来る範囲で執刀していただきます。
外傷外科
最初の6カ月でそれぞれの骨折に使用するインプラントを理解し執刀して頂いた症例については、可能な限り自分の判断で最後まで出来るようになって頂きます。
脊椎外科
腰椎椎間板ヘルニアならびに腰部脊柱管狭窄症の黄色靭帯の切除から硬膜ならびに神経根の操作を指導医のもと行っていただきます。

6か月コース

膝関節外科
現在膝関節外科のメインテーマは、ACL再建に代表される鏡視下手術とTKAに代用される関節置換術です。鏡視下手術は出来るだけマンツーマンで穿刺部位の決定と関節鏡の手技を指導します。TKAにつきましては最初の6カ月は助手についてもらい当院で行っているMIS-TKA中心に体験していただきます。
外傷外科
既に他の病院で骨折の手術をされてきた先生につきまして、それぞれの骨折に使用するインプラントを理解していただいたうえで、出来る所まで執刀していただきます。
脊椎外科
当院は特殊な症例を除きopenで行っていますので、開・閉窓ならびにパンチやエアトームの使い方を勉強してもらいます。

西奈良中央病院

〒631-0022
奈良県奈良市鶴舞西町1−15

施設の特徴

特色として一般整形外科と足関節外来、膝関節外来、肩・肘関節外来で整形外科疾患に対応している。
当院は日本整形外科学会認定専門医研修施設に指定されている。
整形外科全般の研修が可能であるが、サブスペシャリティーとして関節外科、外傷整形外科について経験豊富な指導医がいるため専門分野での奥深い研修も可能である。

具体的な研修内容

2年コース

● 足関節・足部の外傷・慢性疾患全般において診断・治療の立案・実施することができる。
● 手術については少なくとも指導医のもとに執刀できる。
● 肩の外傷、慢性疾患に対する診断と治療方法の立案ならびに施行。

1年コース

● 足関節・足部の慢性疾患について診断・治療の立案・実施を行うことができるようにする。
● 手術についても指導医のもとに執刀する。
● 肩の比較的単純な骨折に対する手術療法を含む治療法の習得。

6か月コース

● 足関節・足部の脱臼・骨折の診断と治療を適切に行うことができるようにする。
● 足関節・足部の疾患の診断・治療の立案が可能となる。
● 術後管理、リハビリテーションについて習得する。
● 肩の診断方法、画像診断、外傷に対する初期治療の立案と施行。

松倉病院

〒630-8314
奈良市川之上突抜町15

施設の特徴

奈良市の旧市街の中心に位置している整形外科特化型の病院です。周辺の人口動態は小児から高齢者まで多岐にわたっているため、患者年齢層は幅広いです。
手術症例としては外傷が多いですが、足関節鏡視下手術、肩腱板断裂の手術も多いです。
外来リハも積極的に行い、療養病棟も併設していて、入院から終診まで当院で完結するまでフォローできます。
麻酔科は週3回来てもらっていて、手術に専念できるので執刀数も多いです。

具体的な研修内容

2年コース

外傷症例は多く、研修ドクターは1人のためほぼ全例執刀してもらえます。従って執刀は相当数になります。外傷症例(難易度の高い症例まで)と足関節鏡の基本手技は習得できます。
足の外科手術、肩腱板断裂手術、手の外科手術は熊井先生、尾崎先生、清水先生が来られており、高いレベルの手術を勉強できます。学会発表、論文作成も行います。

1年コース

外傷症例は多く、研修ドクターは1人のためほぼ全例執刀してもらえます。従って執刀は相当数になります。外傷症例(基本的な症例)と足関節鏡の基本手技は習得できます。
足の外科手術、肩腱板断裂手術、手の外科手術は熊井先生、尾崎先生、清水先生が来られており、高いレベルの手術を勉強できます。学会発表、論文作成も行います。

6か月コース

基本的外傷の診察と手術、足関節鏡の基本手技を習得できます。半年間でも外傷の執刀は相当数になります。
足の外科手術、肩腱板断裂手術、手の外科手術は熊井先生、尾崎先生、清水先生が来られており、高いレベルの手術を勉強できます。