奈良

阪奈中央病院

〒630-0243
奈良県生駒市俵口町741

施設の特徴

関節鏡とスポーツ傷害の治療を重点にしています。
スポーツ・関節鏡センター部門があり、PT・NSさんも専任で頼りになります。関節鏡手術は、すべての関節に対応可能で、スポーツ専門外来も設けて復帰へのサポートを行なっています。
奈良医大スポーツ医学講座・熊井教授の出張手術も多く、トップレベルのプロ選手の治療に立ち会えるチャンスも数々あります。
特殊症例には、熊井教授はじめ、高い専門性を持たれる他院の先生の招請も積極的にしています。
なお、高齢者の回復期リハビリも充実し、運動器リハビリは総合的に経験できます。

具体的な研修内容

2年コース

関節鏡手術は、2年間で、すべての関節について経験でき、基本的な鏡視法を身につけることが可能です。特に経験を積みたい部位については、基本的な鏡視下手術ができるようになります。スポーツ専門外来があり、スポーツ傷害の診察方法やリハビリ方法、復帰へのサポートの進め方を身につけることができます。
スポーツ系や関節鏡系の学会への発表と論文作成を行なっていただく予定です。
高齢者骨折や一般外傷もあり、後期研修期間に身につけておきたい基本的な整形外科治療・手術を同時に習得できます。

1年コース

関節鏡手術は、1年間で、ほとんど、すべての関節で経験でき、基本的な鏡視法を身につけることが可能です。特に経験を積みたい部位については、基本的な鏡視下手術の代表的なものはできるようになります。スポーツ専門外来があり、スポーツ傷害の診察方法やリハビリ方法、復帰へのサポートの進め方が理解できるようになります。
スポーツ系や関節鏡系の学会への発表と、できれば、論文作成を行なっていただきます。
高齢者骨折や一般外傷もあり、後期研修期間に身につけておきたい基本的な整形外科治療・手術を同時に習得できます。

6か月コース

関節鏡手術は、半年間で、ほとんどの関節で経験でき、大部分の関節の基本的な鏡視法を身につけることが可能です。特に経験を積みたい部位については、自分で鏡視でき、代表的な鏡視下手技ができるようになります。スポーツ専門外来があり、スポーツ傷害の診察方法やリハビリ方法、復帰へのサポートを経験できます。
スポーツ系や関節鏡系の学会への発表と、できれば、論文作成を行なっていただきます。

大和高田市立病院

〒635-8501
奈良県大和高田市礒野北町1-1

施設の特徴

当院は病床約320床を有する総合病院である。年間手術件数は約350例で、骨折、関節外科、脊椎外科などでほぼ三等分されるが、悪性腫瘍も含めた腫瘍疾患もとり扱っている。
年間約600例の小児の検診を行い、エコー検査なども行っている。
脊椎、上肢手術の約5割は鏡視下手術で占められており、画像診断、組織診断にオープンの手術経験を加えることでより総合的に整形外科を理解していただける。手術については指導医の下に、執刀する。
病院ホームページ(医療の質、教育研修センター)など参照してください。

具体的な研修内容

2年コース

目標 外来診察を行い、基礎的な診断、手術を行う。
上肢 上腕骨骨折、鎖骨骨折、肩腱板損傷、肩関節脱臼等に対して、関節鏡検査、関節形成術、観血的整復固定術を行う。
橈骨遠位端骨折に対して保存治療と外科治療

下肢 大腿骨頸部、転子部骨折、骨幹部骨折、膝関節鏡、足関節周辺骨折の外傷に対する治療。先天性股関節脱臼に対する検査。
脊椎 椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、頸椎症性脊髄症等の画像診断、神経根造影、脊髄造影、生理学的診断と治療
腫瘍 腫瘍性疾患に対する画像診断と基礎的な治療

1年コース

2年コースと同様であるが、それまでの研修内容を考慮する。

6か月コース

整形外科全般について基礎的な研修を行う。
外来診察の基礎、カルテ記載、画像診断、生理的診断、周術期の取り扱い、リハビリなど。
基本的な手術、保存療法の経験など。
それまでの研修内容を考慮する。

高井病院

〒632-0006
奈良県天理市蔵ノ庄町461-2

施設の特徴

当院は一般的な外傷や脊椎外科をはじめ人工関節や内視鏡手術などにも力を入れている。他科との連携による全身管理を行い、幅の広い整形外科一般の手術症例を経験する。麻酔科医のもと小児例や比較的大きな慢性疾患への対応も可能だが、症例を選んで自分たちで腰椎麻酔などを行うことも可能。
協力的なパラメディカルの存在のもと、併設する介護病棟での術後慢性期の対応も多数経験するため臨床の初期において一般的で重要な経験を積んでいくことが可能である。

具体的な研修内容

2年コース

下記に加え簡単な骨接合術や初期の外傷の処置は自分で行えるようになるのが理想。
学会発表や論文作成なども行いたい。

1年コース

下記に加え一般的な整形外科の診療と手技を経験する
Subspecialtyとして取得できる単位は以下の3つだが、それ以外にも比較的豊富な
症例を経験する。
・外傷     救急病院であるため骨折をはじめ外傷の一般対処を経験する。指導の下で簡単な手術の執刀。
・脊椎外科  MEPによる術中脊髄モニタリングを導入のうえ、一般的なLove法によるヘルニア切除のほか椎弓形成、MEDでの    低侵襲手術のほか、固定術などを行っている。
・リウマチ   薬剤部や他科との連携の上、生物学的製剤の使用も行っている。

6か月コース

基本的な整形外科の知識と診療、手技を経験する
外来診療、病棟での処置と経過観察、各種画像診断や検査の選択と読影、診断など
脱臼の徒手整復、関節内注入や造影検査の経験
牽引や外固定法の選択と実施、創部縫合、デブリ洗浄など救急外傷の初期治療一般
一般的な手術助手が出来るようになりたい
Subspecialtyとしては外傷、脊椎外科、リウマチでの単位取得が可能 

高の原中央病院

〒631-0805
奈良市右京1丁目3-3

施設の特徴

当院は、奈良京都県境の平城ニュータウンに位置し、地域医療を旨とする全15科標榜の総合病院である。症例は高齢者救急を含む四肢外傷の手術治療、膝・股人工関節置換、膝鏡視下手術、高齢者脊椎圧迫骨折・脊椎変性疾患の保存的治療が主である。
回復期365日リハビリ病棟もあり、症例の長期的経過観察も可能で、時には高齢者症例の合併症も経験できる。
また、複数麻酔科医が常勤し、内科的疾患合併症のある症例の手術や小児上肢骨折などの緊急手術にも対応できる。
年間手術数は620~670例。 

具体的な研修内容

2年コース

1年コースの研修内容に加えて
・症例の的確な診断ができるよう修練する
・手術適応を的確に判断できるよう修練する
・基本的整形外科手術より難易度の高い手術を執刀する

1年コース

半年コースの研修内容に加えて
・整形外科外来診察・治療の基本を学ぶ
・外傷のgolden time内の初期治療を習得する
・術後管理を学ぶ
・リハビリ後療法を学ぶ
・基本的な整形外科手術を執刀する

6か月コース

・整形外科領域の画像読影の基本を習得する
・外来診療頻用手技(関節注射、骨折・脱臼整復術、ギプス固定)を習得する
・整形外科手術の助手技術を習得する
・習得度によっては、基本的骨折手術を執刀する

香芝旭ヶ丘病院

〒639-0265
香芝市上中839番地

施設の特徴

当院は日本整形外科学会認定専門医研修施設に指定されている、脊椎外科と人工関節(主に膝関節、股関節)を中心に治療を行っている病院で、大阪のベッドタウンに位置し、近隣からの患者だけではなく、遠方からも手術を希望し来院され、疾患の内容も多彩である。
これまでの実績に対する評価も高く、さまざまな国内外(日本、アメリカ、中国、韓国等)の整形外科医が見学に訪れている。
また国内外の学会でも活発に研究発表を行っている。

具体的な研修内容

2年コース

脊椎脊髄病学会認定指導医の下、脊椎脊髄疾患の多岐にわたる症例の診断、手術を含めた治療の研修を重ねることができる。主な脊椎の前方および後方手術の経験が可能である。
下肢関節(足、膝、股関節)の様々な病態の把握、手術を含めた治療(但し膝関節のスポーツは除く)の研修を重ね、特に人工関節置換術はどのような関節に対しても、自信を持って治療(手術)できるようになる。関節リウマチに関し、内科専門医とともに様々な診療、治療の技術を習得できる。

1年コース

脊椎脊髄病学会認定指導医の下、脊椎脊髄疾患の多岐にわたる症例の経験、診断、手術を含めた治療の研修を重ねることができる。基本的な手術のマスターが可能である。
下肢関節(足、膝、股関節)の様々な病態の把握、手術を含めた治療(但し膝関節のスポーツは除く)の研修を重ねることができる。手術の方法の理解と基本的な実践が可能である。関節リウマチに関し、内科専門医とともに様々な診療、治療の技術を習得できる。

6か月コース

脊椎脊髄病学会認定指導医の下、脊椎脊髄疾患の多岐にわたる症例の経験、診断、手術を含めた治療の研修を重ねることができる。手術の適応や方法の習得が可能である。
下肢関節(足、膝、股関節)の様々な病態の把握、手術を含めた治療(但し膝関節のスポーツは除く)の研修を重ねることができる。基本的な手術の方法の理解と実践が可能である。関節リウマチに関し、内科専門医とともに様々な診療、治療の技術を習得できる。