足グループ

足部足関節の障害、外傷を広く扱っています。
前足部疾患では外反母趾、強剛母趾、Freiberg病などに対して矯正骨切り術やMTP関節固定術、骨釘挿入術などを行います。
中足部疾患としてLisfranc関節症に対する固定術や、外脛骨に対するドリリングなどを行います。
後足部から足関節疾患として変形性足関節症に対する下位脛骨骨切り術や人工足関節置換術、離断性骨軟骨炎に対する骨釘挿入術や軟骨移植術、足関節外側靭帯損傷に対する靭帯再建術などを行います。
また糖尿病性神経障害(Charcot関節)や関節リウマチによる足部足関節病変に対しても観血的治療や保存療法を行います。
また近年ではTaylor Spatial Frameを利用した変形矯正も数多く手がけています。

教授田中 康仁

専門分野 足の外科、スポーツ傷害、再生医療、関節リウマチ、血友病性運動器疾患、小児
専門医 日本整形外科学会専門医、日本リウマチ学会指導医、日本体育協会公認スポーツドクター、日本リハビリテーション医学会専門医・指導責任者、日整会認定スポーツ医、日整会認定リウマチ医

谷口 晃

役職 講師
専門分野 足の外科 スポーツ医学 フットケア
専門医 日本足の外科学会専門医
所属学会 日本整形外科学会、日本足の外科学会(評議員) 、日本フットケア学会(評議員) 、日本靴医学会(評議員)、中部日本整形外科・災害外科学会会員(評議員) 、日本人工関節学会、日本最小侵襲整形外科学会、日本リウマチ学会、 日本下肢救済・足病学会 日本関節鏡・膝・スポーツ医学会会員 日本整形外科スポーツ医学会、日本形成外科学会 
活動(資格その他) 奈良県立医科大学博士 日本体育協会公認スポーツドクター、日本整形外科学会国際委員会委員、日本足の外科学会国際委員会委員、日本足の外科学会用語委員会委員、International Combined Orthopaedic Research Societies; Fellow

黒川 紘章

役職 診療助教
専門分野 足の外科
専門医 日本整形外科学会専門医
所属学会 日本整形外科学会、日本足の外科学会 他

森田 成紀

役職 大学院生
専門分野 足の外科
専門医 日本整形外科学会専門医
所属学会 日本整形外科学会、日本足の外科学会、日本整形外科超音波学会、日本靴医学会、日本骨折治療学会、中部日本整形外科災害外科学会

研究内容を見る

手・マイクログループ

手は、ヒトにおいて非常に重要な器官であり、手外科はその特殊性から専門医制度が制定され、当院では5人の手外科専門医が所属し、治療にあたっています。
日常でよく遭遇する手根管症候群、ばね指、ガングリオンや、ドケルバン氏病、デュプイトレン拘縮、母指CM関節症、TFCC損傷、変形性手関節症をはじめ、骨折後の偽関節、腱癒着、関節拘縮などの機能障害などに対して治療を行っています。最近ではより低侵襲な治療を目指しており、ばね指は超音波を用いた治療を、母指CM関節症、TFCC損傷、キーンベック病に対しては関節鏡を用いた治療を数多く行っています。
手に変形をきたし易いリウマチに対しても、リウマチ専門医との相談のうえ、手術の機会を逸することがないよう治療を行っています。
手関節と密接な関係を持つ肘関節に対しても肘部管症候群、肘関節の靭帯損傷、変形性肘関節症、離断性骨軟骨炎などの治療を行っています。
顕微鏡を用いた治療では、外傷後や腫瘍切除後に生じた骨および軟部組織欠損に対する再建術、先天性下腿偽関節症、腕神経叢麻痺に対する神経移行術などの治療を行っています。

面川 庄平

専門分野 手の外科、手関節外科(関節鏡視下手術)、手の皮弁手関節バイオメカニクス
専門医 日本整形外科学会専門医、日本手外科学会専門医
所属学会 アメリカ手の外科学会 International Member、国際手関節外科ワークショップ(International Wrist Investigator Workshop)Member
活動(資格その他) 1996年 アメリカ手の外科学会Emanuel Kaplan Award受賞、2000年 アメリカ整形外科基礎学会NIRAアワードファイナリスト選出、2004年 日米手の外科学会トラベリングフェロー選出

仲西 康顕

役職 助教 奈良県立医科大学臨床研修センター 副センター長
専門分野 手の外科・運動器超音波診療・神経ブロック
専門医 日本整形外科学会専門医
所属学会 日本整形外科学会、日本手外科学会、日本整形外科超音波学会、日本肘関節学会、日本区域麻酔学会、ASSH(アメリカ手外科学会)、日本医学教育学会
活動(資格その他) 講演・ハンズオンセミナーインストラクター:日本整形外科学会、日本手外科学会、日本整形外科超音波学会、日本肘関節学会、日本マイクロサージャリー学会等
産学連携・特許取得:超音波ガイド下手術機器開発(奈良精工株式会社)
書籍:「うまくいく! 超音波で探す末梢神経」メジカルビュー社 2015年

清水 隆昌

役職 助教
専門分野 手・肘・末梢神経・マイクロサージャリー
専門医 日本整形外科専門医 、日本手外科専門医
所属学会 日本整形外科学会、日本手外科学会、アメリカ手外科学会、日本肘関節学会、日本マイクロサージャリー学会、日本骨折治療学、日本再生医療学会、整形外科バイオマテリアル研究会
活動(資格その他) 奈良県立医科大学博士(医学)、アメリカ手外科学会International Member、日本ハンドボール協会医事委員、関西東海医歯薬ハンドボール大会役員

吉良 務

役職 診療助教(リウマチセンター)
専門分野 関節リウマチ・手・肘・マイクロサージャリー
専門医 日本整形外科専門医
所属学会 日本整形外科学会,日本手外科学会,アメリカ手外科学会,,日本肘関節学会,日本マイクロサージャリー学会,日本骨折治療学,整形外科バイオマテリアル研究会
活動(資格その他) 奈良県立医科大学博士(医学),日本整形外科認定リウマチ医

長谷川 英雄

役職 院生
専門分野 手・マイクロ
所属学会 日本整形外科学会
日本手外科学会
日本骨折治療学会
日本マイクロサージャリー学会
中部日本整形外科災害外科学会

研究内容を見る

脊椎グループ

当科で診療にあたる脊椎・脊髄疾患は外傷から変性疾患、腫瘍病変、あるいは先天性疾患などきわめて多岐にわたり、部位も頭蓋頚椎移行部から腰椎・仙骨まで大きな範囲をカバーしています。
頚椎症(性脊髄症)や腰部脊柱管狭窄症などの頻度の高い変性疾患に対する一般の方々の認識は向上しており、高齢化ともあいまって今後も症例は増えると思われます。
施設柄高度の脊椎変形(特発性側弯や先天奇形も含めて)や転移あるいは原発性脊椎脊髄腫瘍、重度の合併症をもつ方、再手術例などを紹介いただくことが多く、院内の各関連科と連携して診療しています。

重松 英樹

役職 学内講師
専門分野 脊椎外科
専門医 日本整形外科専門医、脊椎脊髄病学会認定指導医
所属学会 日本整形外科学会、日本リハビリテーション学会、日本側彎症学会、日本脊椎脊髄病学会、日本臨床神経生理学会、中部整形外科災害、外科学会
活動(資格その他) 中部整形外科災害学会評議員、日本側彎症学会国際委員会委員、日本脊椎脊髄病学会評議員

田中 誠人

役職 助教
専門分野 脊椎外科
専門医 日本整形外科専門医、脊椎脊髄病学会指導医、日本整形外科学会脊椎脊髄病医、日本整形外科学会リウマチ医、日本整形外科学会運動器リハビリテーション医
所属学会 日本整形外科学会、日本脊椎脊髄病学会、日本リハビリテーション学会、日本腰痛学会、日本骨折治療学会、中部整形災害外科学会

川崎 佐智子

役職 大学院生
専門分野 脊椎外科
専門医 日本整形外科専門医、日本スポーツ協会認定スポーツドクター
所属学会 日本整形外科学会、日本脊椎脊髄病学会、日本側彎症学会、日本臨床神経生理学会、日本骨折治療学会、日本骨粗鬆症学会、中部日本整形外科災害外科学会、日本臨床スポーツ医学会
活動(資格その他) 奈良県国体帯同ドクター

増田 佳亮

役職 大学院生
専門分野 脊椎外科
所属学会 日本整形外科学会、日本脊椎脊髄病学会、中部整形外科災害外科学会、日本側弯症学会、日本低侵襲脊椎外科学会、AOSpine、EUROSPINE、Orthopaedic Research Society
活動(資格その他) 奈良県国体帯同ドクター

山本 雄介

役職 大学院生
専門分野 脊椎外科
所属学会 日本整形外科学会、日本脊椎脊髄病学会、日本骨・感染症学会、日本側弯症学会、中部日本整形外科災害外科学会、EUROSPINE, the Spine Society of Europe、AO SPINE 

研究内容を見る

股関節グループ

股関節は人体最大の荷重関節です。股関節には歩行時に体重の3〜4倍の力がかかっているといわれ、股関節に何らかの原因で異常をきたすと、鼠径部(脚の付け根)に痛みを生じ、歩行困難など日常生活に影響を及ぼす機能障害をきたします。保存療法(薬物療法、運動療法)などで対応可能な場合は、できる限り保存療法で対応します。一方、保存療法で対応困難な場合や手術をしたほうが良い場合は時期を逸しないように手術療法を提案させていただきます。
当院では、変形性股関節症、大腿骨頭壊死症、関節リウマチ、化膿性股関節炎、人工関節のゆるみ、人工関節感染、FAI (大腿骨寛骨臼インピンジメント)、股関節唇損傷に対して治療を行っています。主な手術としては、股関節鏡視下手術、骨切り術(寛骨臼回転骨切り術、大腿骨頭回転骨切り術、大腿骨弯曲内反骨切り術、大腿骨外反骨切り術など)、人工股関節置換術、人工股関節再置換術があります。

宗本 充

役職 講師,医局長
専門分野 股関節
専門医 日本整形外科学会専門医,日本骨粗鬆症学会認定医
所属学会 日本整形外科学会,日本股関節学会,日本人工関節学会,日本骨粗鬆学会,日本リウマチ学会,日本リハビリテーション学会,日本臨床スポーツ医学会,
日本整形外科スポーツ医学会,中部日本整形外科災害外科学会
活動(資格その他) 日本股関節学会評議員,中部日本整形外科災害外科学会評議員,変形性股関節症ガイドライン委員,日本体育協会公認スポーツドクター,Immediate Care In
Sports Level 3,大阪体育大学ラグビー部チームドクター,U20ラグビー日本代表チームドクター,関西ラグビー協会医務委員,奈良県ラグビー協会医務委員

内原 好信

専門医 日本整形外科専門医
所属学会 日本整形外科学会、日本股関節学会、日本人工関節学会、日本骨折治療学会
活動(資格その他) 奈良県立医科大学卒(2002年) 軽音楽部、奈良医大大学院博士課程修了(2014年)

研究内容を見る

膝グループ

当教室膝関節グループでは靱帯・半月板・軟骨損傷から変形性膝関節症に至る幅広い膝関節疾患に対し治療を行っております。前十字靱帯損傷に対してはBTB(骨付き膝蓋腱)または膝屈筋腱を用いた再建術を、軟骨損傷に対しては培養細胞を用いた再生医療も行っております。
変形性膝関節症に対しては高位脛骨骨切り術や人工関節置換術を行っておりますが、最近では人工関節置換術に対しナビゲーションシステムを併用することによりインプラントの正確な設置を目指すことをこころがけております。また保存的治療に抵抗する高度変形膝やリウマチ膝に対しても対応させていただいております。貴施設で治療に難渋されている症例がございましたら、お気軽に御相談、御紹介いただければ幸いであります。

小川 宗宏

役職 整形外科&スポーツ医学講座 学内講師
専門分野
専門医 日本整形外科学会認定整形外科専門医 、日本体育協会認定スポーツドクター
所属学会 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科(JOSKAS)評議員、日本整形外科スポーツ医学会代議員、膝関節フォーラム 世話人、関西臨床スポーツ研究会 評議員、Internatinal Society of Arthroscopy, Knee Surgery and Orthopaedic Sports Medicine (ISAKOS)会員、European Society of Sports Traumatology, Knee Surgery and Arthroscopy (ESSKA)会員、Asia-Pacific Knee, Arthroscopy and Sports Medicine Society (APKASS)、日本整形外科学会会員、日本臨床スポーツ医学会会員、日本臨床バイオメカニクス学会会員、日本人工関節学会会員、奈良県スポーツ医科学研究会 幹事、奈良鏡視下・低侵襲手術研究会 幹事、奈良骨関節研究会 世話人、舞台医学研究会 世話人
活動(資格その他) 日本オリンピック委員会(JOC)強化スタッフ、日本サッカー代表(U15,16)チームドクター、コンサドーレ札幌チームドクター、ポルベニル飛鳥チームドクター、奈良県国体帯同ドクター

稲垣 有佐

役職 寄附講座人工関節・骨軟骨再生医学講座 講師
専門分野 膝関節外科、人工関節、血友病性関節症、運動器再生医療
専門医 日本整形外科学会専門医、同運動器リハビリテーション医、同スポーツ医、同リウマチ医、日本体育協会公認スポーツドクター、日本リハビリテーション医学会専門医、日本再生医療学会再生医療認定医
所属学会 日本整形外科学会、Japanese Orthopaedic Society of Knee, Arthroscopy and Sports Medicine (JOSKAS)、日本人工関節学会、日本リウマチ学会、日本リハビリテーション医学会、日本再生医療学会、日本小児整形外科学会、日本整形外科スポーツ医学会、日本臨床バイオメカニクス学会、日本血栓止血学会、日本股関節学会、整形外科バイオマテリアル研究会、中部日本整形外科災害外科学会、関西関節鏡・膝研究会
International Society of Arthroscopy, Knee Surgery and Orthopaedic Sports Medicine (ISAKOS)
World Federation of Hemophilia
活動(資格その他) 奈良県立医科大学 博士(医学) Haemophlia, The official journal of the World Federation of Hemophilia, reviewer Girdlestone Orthopaedic Society, Nuffield Orthopaedic Centre, University of Oxford, member

原 良太

役職 整形外科 助教
専門分野 関節リウマチ リウマチ性疾患 関節外科
専門医 日本整形外科専門医、日本リウマチ学会専門医
所属学会 日本整形外科学会、日本リウマチ学会、日本整形外科超音波学会、日本人工関節学会
活動(資格その他) 日本リウマチ学会登録ソノグラファー

岡村 建祐

役職 大学院生
専門分野
所属学会 日本整形外科学会、日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会、中部日本整形外科災害外科学会

研究内容を見る

腫瘍グループ

奈良医大整形外科腫瘍グループでは、都道府県がん診療拠点の一翼を担うべく関連診療科の協力を得て、原発性・続発性を問わず積極的に集学的診断・治療に取り組んでおります。
骨・軟部腫瘍に関しては、小児から高齢者まで幅広い年齢層の、また全身のあらゆる部位に発生するという特徴があるため、個々の症例に応じて最善の治療が何であるかきめ細かく対応する必要があります。
化学療法、手術療法、放射線治療を組み合わせた標準的治療に加え、人工骨や腫瘍用人工関節、処理骨を用いた再建や微小外科専門医の協力による複合組織移植などにより患肢機能温存をはかり、原発性・続発性に関わらずそれぞれの患者さんのQOLの改善を最優先に診療を行っております。

朴木 寛弥

役職 准教授
専門分野 骨軟部腫瘍の基礎と臨床
専門医 公益社団法人日本整形外科学会 専門医(第110734号)、日本がん治療認定医機構 がん治療認定医・指導責任者資格 (第07200933号)、一般社団法人日本抗加齢医学会 専門医 (第3255号)、日本再生医療学会 再生医療認定医 (MR-2017-00086)
所属学会 英国王立医学会、米国科学振興協会、米国癌学会、欧州癌学会、国際幹細胞学会、結合織腫瘍学会、米国野球学会、日本整形外科学会 (代議員)、日本癌学会、日本癌治療学会、日本サルコーマ治療研究学会、日本再生医療学会、日本抗加齢医学会、中部日本整形災害外科学会 (評議員)
活動(資格その他) 学位論文 医学理学博士(奈良県立医科大学 番号 甲 第304号 )(Increased expression of nucleotide diphosphate kinase/nm23 and c-Ha-ras mRNA is associated with spontaneous lung metastasis in rat-transplantable osteosarcomas. Cancer Res. 53: 5038-5042, 1993.)、臨床疫学修士 (The University of Newcastle, Australia. No. 3028651) (Prognostic significance of p16INK4a alteration in Ewing’s sarcoma. A meta-analysis. Cancer. 110: 1351-1360, 2007.)
社団法人 日本オートキャンプ協会公認インストラクター(第1208015号)、ハワイ州観光局アロハ検定 中級、キリマンジャロウフルピーク 登頂認定 (Certificate No. UP 835948, 2016.12.3)

城戸 顕

役職 教授(附属病院リハビリテーション科)診療部長(同)
専門分野 リハビリテーション医学 がんの骨転移 骨軟部腫瘍
専門医 日本リハビリテーション医学会専門医、JBCTがん治療認定医・指導責任者、日本リウマチ学会専門医・指導医、日本整形外科学会専門医・指導医、同 認定運動器リハビリテーション医、骨粗鬆学会認定医
所属学会 日本リハビリテーション医学会、日本急性期リハビリテーション医学会、日本癌治療学会、日本リウマチ学会、日本整形外科学会、日本骨粗鬆症学会、中部日本整形外科災害外科学会
活動(資格その他) 日本リハビリテーション医学会(代議員、研修・講習委員会委員、学術企画サポート委員会委員)、日本急性期リハビリテーション医学会(理事)、日本整形外科学会( 軟部腫瘍診療ガイドライン策定委員会システマティックレヴュー担当委員)、日本骨転移研究会(世話人)、中部日本整形外科災害外科学会(代議員)、奈良県医師会リハビリテーション医部会(理事)、京都リハビリテーション医学研究会(幹事)

藤井 宏真

役職 学内講師
専門分野 骨軟部腫瘍、小児整形
所属学会 日本整外科学会 、日本リハビリテーション学会、日本小児整形外科学会、日本障害者スポーツ協会、日本リウマチ学会 、日本癌学会  
活動(資格その他) 日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会スポーツ認定医、日本整形外科学会リハビリテーション認定医、日本がん治療認定医、日本障害者スポーツ認定医、パラトライアスロン 国内クラシファイヤー、PADI オープンウォーターダイバー、大型自動二輪

塚本 真治

役職 リハビリテーション科助教
専門分野 骨軟部腫瘍の外科治療・化学療法・マネジメント、転移性骨腫瘍の外科治療・マネジメント
専門医 日本整形外科学会専門医、がん治療認定医
所属学会 日本整形外科学会、日本臨床腫瘍学会、骨軟部肉腫治療研究会、日本リハビリテーション医学会
活動(資格その他) 2006年奈良県立医科大学卒業・医師免許取得、2015年奈良県立医科大学整形外科学位取得、2016年8月~2017年4月Clinical Fellowship, Orthopaedic Oncology, Istituto Ortopedico Rizzoli, Bologna, Italy

岸 真五

役職 大学院
専門分野 整形外科全般
所属学会 日本整形外科学会 日本病理学会 癌学会 ミトコンドリア学会

研究内容を見る

リハビリグループ

当院にて治療を受けるすべての疾患の患者様に、最善のリハビリテーション医療を提供するよう努めます。また各診療科から依頼を受けたすべての入院患者様に対して診察・全身評価を行い、病勢と機能障害の疾患構造を十分検討して安全で効果的なリハビリテーション処方を行います。
リハビリテーション医学はさまざまな疾病により生じた機能障害を回復し、残存した障害をも克服しながら人々の活動を育む最先端の医学分野です。超高齢者社会を迎え、障害の様態、アプローチ手法は向後いっそうの専門化・細分化に向かうことが予測されますが、どのような病態に基づく障害であっても私たちは「患者様の側に立ち、何に困っているかを1番に考える」リハビリテーション科専門医の集団としてあり続けたいと考えます。

教授城戸 顕

役職 教授(附属病院リハビリテーション科)診療部長(同)
専門分野 リハビリテーション医学 がんの骨転移 骨軟部腫瘍
専門医 日本リハビリテーション医学会専門医、JBCTがん治療認定医・指導責任者、日本リウマチ学会専門医・指導医、日本整形外科学会専門医・指導医、同 認定運動器リハビリテーション医、骨粗鬆学会認定医
所属学会 日本リハビリテーション医学会、日本急性期リハビリテーション医学会、日本癌治療学会、日本リウマチ学会、日本整形外科学会、日本骨粗鬆症学会、中部日本整形外科災害外科学会
活動(資格その他) 日本リハビリテーション医学会(代議員、研修・講習委員会委員、学術企画サポート委員会委員)、日本急性期リハビリテーション医学会(理事)、日本整形外科学会( 軟部腫瘍診療ガイドライン策定委員会システマティックレヴュー担当委員)、日本骨転移研究会(世話人)、中部日本整形外科災害外科学会(代議員)、奈良県医師会リハビリテーション医部会(理事)、京都リハビリテーション医学研究会(幹事)

塚本 真治

役職 リハビリテーション科助教
専門分野 骨軟部腫瘍の外科治療・化学療法・マネジメント、転移性骨腫瘍の外科治療・マネジメント
専門医 日本整形外科学会専門医、がん治療認定医
所属学会 日本整形外科学会、日本臨床腫瘍学会、骨軟部肉腫治療研究会、日本リハビリテーション医学会
活動(資格その他) 2006年奈良県立医科大学卒業・医師免許取得、2015年奈良県立医科大学整形外科学位取得、2016年8月~2017年4月Clinical Fellowship, Orthopaedic Oncology, Istituto Ortopedico Rizzoli, Bologna, Italy

石田 由佳子

役職 診療助教
専門分野 リハビリテーション医学、小児整形外科
専門医 日本リハビリテーション医学会専門医、日本整形外科学会専門医
所属学会 日本リハビリテーション医学会、日本整形外科学会、日本小児整形外科学会、日本骨粗鬆症学会、中部日本整形外科災害外科学会
活動(資格その他) 日本骨粗鬆症学会認定医、日本スポーツ協会公認スポーツドクター

研究内容を見る

肩グループ

「肩」は人体の関節の中で最も大きな可動域をもちながらも、上肢を体幹に支持固定する必要があり、その動きは多くの筋群の協調運動により支えられています。肩周辺では骨だけではなく軟部組織に支持されているため、治療方法もリハビリテーションやスポーツ整形外科に通ずる分野(野球肩や野球肘を対象)から近年急速な発展を遂げている関節鏡手術(腱板断裂・反復性肩関節脱臼などを対象)、人工関節置換術(変形性肩関節症を対象)と幅広い分野に分かれており、これらに対する治療を行います。

井上 和也

役職 講師(スポーツ医学講座)
専門分野 肩関節
専門医 日本整形外科学会専門医
所属学会 日本整形外科学会、日本肩関節学会、日本人工関節学会、日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS)、中部日本整形外科災害外科学
活動(資格その他) 日本体育協会公認スポーツドクター

江川 琢也

役職 特任助教(地域医療学講座)
専門分野 肩関節
専門医 日本整形外科学会専門医
所属学会 日本整形外科学会、日本肩関節学会、日本整形外科スポーツ医学会、日本臨床スポーツ医学会、日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS)、関西臨床スポーツ医・科学研究会、日本リハビリテーション医学会、日本骨折治療学会、中部日本整形外科災害外科学会、日本肘関節学会、整形外科バイオマテリアル研究会、日本再生医療学会、日本整形外科超音波学会

活動(資格その他) 日本体育協会公認スポーツドクター

倉田 慎平

役職 大学院生
専門分野 肩関節
専門医
所属学会 日本整形外科学会、日本肩関節学会、日本骨折治療学会
活動(資格その他) 現在、肩グループと四肢外傷センターに所属

研究内容を見る

リウマチグループ

2003年のレミケード発売以降、日本でも生物学的製剤による治療が始まり、リウマチ治療は劇的な変革を遂げつつあります。当科においても従前より行っている滑膜切除、人工関節置換、脊椎固定術、関節形成術などの破壊された関節の再建手術を積極的に施行するとともに、発症初期の段階より積極的に生物学的製剤を使用することにより、関節破壊を可能な限り防止することに努めています。(現在約100名に導入)
外来においては田中康仁教授(リウマチ学会指導医)、小畠康宣(リウマチ学会専門医)を中心として治療を行っており、手術においては各パートの専門医が施行いたします。
同じく関節リウマチを扱っている総合診療科、循環器・腎臓・代謝内科とは担当医同士が常に連携をとり、診療を進めておりますので、どの科にかかられておられてもご安心ください。

原 良太

役職 整形外科 助教
専門分野 関節リウマチ リウマチ性疾患 関節外科
専門医 日本整形外科専門医、日本リウマチ学会専門医
所属学会 日本整形外科学会、日本リウマチ学会、日本整形外科超音波学会、日本人工関節学会
活動(資格その他) 日本リウマチ学会登録ソノグラファー

吉良 務

役職 診療助教(リウマチセンター)
専門分野 関節リウマチ・手・肘・マイクロサージャリー
専門医 日本整形外科専門医
所属学会 日本整形外科学会,日本手外科学会,アメリカ手外科学会,,日本肘関節学会,日本マイクロサージャリー学会,日本骨折治療学,整形外科バイオマテリアル研究会
活動(資格その他) 奈良県立医科大学博士(医学),日本整形外科認定リウマチ医

研究内容を見る

四肢外傷グループ

昭和40年に世界で最初に完全切断母指再接着を奈良県立医科大学で成功された玉井進名誉教授の偉業から50周年を記念して、平成28年1月1日より奈良県立医科大学附属病院に玉井進記念四肢外傷センターが設立されました。
玉井進記念四肢外傷センターでは、玉井進先生が世界に先駆けて開発した技術であるマイクロサージャリー(顕微鏡下に微小な血管や神経を修復する技)を用いた専門治療を行うことが可能です。センターでは切断指、開放骨折、小児骨折などの緊急度の高い四肢外傷を中心に治療を行います。
救急搬送は随時対応しております。外来は整形外科と同じ午前8時~午前11時まで受け付けしております。詳しくは玉井進記念四肢外傷センター外来までお問い合わせください。

河村 健二

役職 准教授(玉井進記念四肢外傷センター)
専門分野 手外科、マイクロサージャリー、四肢外傷
専門医 整形外科専門医、手外科専門医
所属学会 日本整形外科学会、日本手外科学会、日本形成外科学会、日本マイクロサージャリー学会、日本骨折治療学会、日本肘関節学会、中部日本整形外科災害外科学会、国際手外科学会、アメリカ手外科学会、中部日本手外科研究会
活動(資格その他) 奈良県立医科大学博士(医学)、日本手外科学会代議員、日本手外科学会編集委員、日本マイクロサージャリー学会評議員、中部日本整形外科災害外科学会評議員、Journal of Orthopaedic Science 査読委員、AO Trauma Member、奈良骨折治療研究会世話人、奈良骨折セミナー世話人、奈良手の外科懇話会世話人、奈良鏡視下手術研究会世話人、奈良県骨・関節研究会世話人、南大阪Surgical Flaps研究会世話人、臨床研修指導医、大学院博士課程研究指導教員、難病指定医、身体障害者福祉法指定医、International Fellowship of Hand Surgery in University of Michigan(2005年)、日本マイクロサージャリー学会Travelling Fellowship(2013年)、アジア太平洋整形外科学会Young Ambassadorship(2018年)、アメリカ手外科学会Harold E. Kleinert Travelling Fellowship(2018年)

中西 昭登

役職 診療助教
専門分野 手外科/マイクロサージャリー
専門医 整形外科専門医/手外科専門医
所属学会 日本整形外科学会、日本手外科学会、日本マイクロサージャリー学会、日本骨折治療学会
活動(資格その他) 奈良医大卒業(平成13年)、奈良医大医学博士(平成28年)

研究内容を見る

小児グループ

新生児から青年期にいたるまで、小児の運動器疾患を対象に診療を行っています。先天性内反足、先天性股関節脱臼、四肢の先天異常などの先天性疾患や、成長の過程で出現する四肢の異常(O脚、脚長不等など)、小児特有の疾患(ペルテス病、大腿骨頭すべり症など)など、幅広く取り扱っています。また、超音波検査での乳児股関節二次検診も行っています。脳性麻痺や二分脊椎などの麻痺性疾患や、骨形成不全症などの骨系統疾患についても、小児科と連携しながら治療を行っています。

藤井 宏真

役職 学内講師
専門分野 小児整形、骨軟部腫瘍
所属学会 日本整外科学会 、日本リハビリテーション学会、日本小児整形外科学会、日本障害者スポーツ協会、日本リウマチ学会 、日本癌学会 
活動(資格その他) 日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会スポーツ認定医、日本整形外科学会リハビリテーション認定医、日本がん治療認定医、日本障害者スポーツ認定医、パラトライアスロン 国内クラシファイヤー、PADI オープンウォーターダイバー、大型自動二輪

米田 梓

役職 医員(4月からは大学院)
専門分野 小児整形外科
所属学会 日本整形外科学会、日本小児整形外科学会、中部日本整形外科災害外科学会、日本整形外科スポーツ医学会、日本小児股関節、研究会、近畿小児整形外科懇話会

研究内容を見る