奈良

国保中央病院

〒636-0302
奈良県磯城郡田原本町宮古404-1

施設の特徴

当院は地域密着型の自治体病院で、地域内の外傷や変性疾患全般を治療しています。
日本整形外科学会認定専門医研修施設ですが、当科の最大の特色は手外科専門(日本手外科学会認定専門医研修施設)であり、手外科専門医も5名在籍(非常勤含む)し、手術数の5割を上肢手術が占めています。手関節鏡や専用エコーを備え、手関節を中心にマイクロサージャリーまで手外科手術は全て可能です。日本手外科学会などでの手外科関連の発表も多く行っており、手外科センターの機能を持っています。
また、常勤リハビリ専門医がおりリハビリも力を入れています。

具体的な研修内容

2年コース

当院での研修項目は上肢、外傷、リウマチ、リハビリです。手外科に興味のある研修医には2年間で手疾患(手根管症候群、変形性手関節症やKienbock病など)、橈骨遠位端骨折や舟状骨骨折の関節鏡下整復、リウマチの手の治療、手指屈筋腱縫合や腱移行術とその後の早期運動療法など手外科全般を経験できます。当科の豊富な臨床データを用いて1つの手外科のテーマについての臨床研究を行い、日本手外科学会で発表できるよう指導します。手外科を専攻しなくても、外傷全般を中心に一般的手外科疾患を経験することも可能です。リハビリ学会の専門医について、リハビリを学ぶことも可能です。

1年コース

手外科専攻を希望する場合、1年では主に手外科のポピュラーな疾患の治療に携わっていただきます。たとえば、橈骨遠位端骨折や新鮮舟状骨骨折、手根管症候群の小皮切手術、手指の外傷治療など一般整形外科医として必須となる基本的な手外科治療を経験していただきます。また、エコーを用いた上腕神経ブロック麻酔なども習得可能です。当院における手外科の治療に対する基本的な考え方を理解してもらえるでしょう。簡単な学会発表も可能です。一般整形外科も同時に経験できます。

6か月コース

半年では、当院就労までの経験年数によって行える内容は変わってきます。後期研修の後半であれば1年コースに近い内容を経験することは可能でしょう。しかし、経験できる症例数は不十分となるかもしれません。後期研修の初期であれば、一般整形外科を主体にしつつ、手外科のatraumaticな基本的手技を学ぶことになります。その上で、手根管症候群や腱鞘切開術、骨折手術 骨性マレットの石黒法などを経験できます。

奈良県立
医科大学附属病院
救急科

〒634-8522
奈良県橿原市四条町840

施設の特徴

外傷にかかわる整形外科医として必要な多発外傷、重度外傷(重度整形外傷)の治療のマネージメントなどが経験できる施設です。
本施設の最大のメリットは医療者・整形外科医として生きていく上で非常に重要な“救急医の先生との絆”を構築できることです。
当施設では最新の骨折理論に基づいた骨折治療を実践し、外傷手術の基礎を学びあらゆる重度整形疾患への対応を学ぶことを目標とします。

具体的な研修内容

2年コース

外傷初期治療の習得と理論に基づいた骨折治療法や軟部組織再建法の経験し外傷整形外科医の育成を目標とします
習得目
2 外傷初期治療(JATECに基づいた)の習得
② 最新の骨折治療理論に基づいた骨折治療の習得
③ 重度整形外傷(骨盤外傷・脊椎外傷、関節内骨折、開放骨折)の経験
④ 重度四肢外傷治療に欠かせない血管吻合などの微小外科手技の習得
⑤ セミナー等に参加していただき最新の外傷整形外科治療を学ぶ

1年コース

臨床医として欠かせない外傷初期治療の経験、それと整形外科外傷治療については理論に準じた骨折治療の実践、軟部組織再建などの経験することが目的です。
①外傷初期治療(心肺蘇生を含む)の習得
②整形外科外傷初期治療法の習得(創外固定法、デブリードマンなど)
③術前計画を含めた骨折治療法の実践
④重度整形外傷(骨盤外傷・脊椎外傷、関節内骨折、開放骨折)の経験を考えています。

6か月コース

外傷初期治療(心肺蘇生なども含む)をスタッフとして実践の場で経験することを中心とします。整形外科に関しては、重度整形外傷のマネージメントに積極的に関わっていただき、初療および最終手術の考え方を含め術前術後計画などの必要性を感じていただきます。
本コースでは臨床医として最低限の外傷初療を学んでもらう予定です。 

宇陀市立病院

〒633-0298
奈良県宇陀市榛原区萩原815

施設の特徴

奈良県の東部に位置し、三重県との県境に存在する病院で、主に宇陀市を中心として、御杖村、曽爾村、奈良市都祁の地域医療を行う病院である。そのため、整形外科一般外傷及び一般慢性疾患を治療することを原則としている。
加えて、現在では奈良肩肘センターの創設に伴い、肩肘関連の外来、手術症例数が増加している
(外傷、慢性疾患とも)。
また、脊椎脊髄専門医も二人常勤医として存在するため脊椎外科症例も経験可能である。(外傷、慢性疾患)

具体的な研修内容

習得可能単位

脊椎 6単位 b上肢・手 6単位 d外傷 6単位 eリウマチ 3単位 fリハビリテーション 3単位 gスポーツ 3単位 h地域医療 3単位以上の領域を担当可能であり、十分2年コースで対応可能。1年コース、半年コースでも 本人希望領域に合わせることも可能です。

手術手技

脊椎外科、上肢(特に肩・肘症例)、リウマチの手術に対して専門性がある。
上肢(肩肘):腱板断裂、反復性肩関節脱臼、(観血手術及び関節鏡手術)、変形性肩関節症、リウマチ肩(人工関節)、変形性肘関節症、リウマチ肘(人工関節、鏡視下デブリードマン)
脊椎:神経圧迫病変に対する神経除圧術(観血手術及び内視鏡手術)、脊椎固定術(骨移植、インスツルメンツ固定)が習得できる。

研究発表

日本骨折治療学会、中部整災、日本整形外科学会、JOSKAS、日本肩関節学会、日本肘関節学会、日本脊椎外科学会に多人数で積極的に参加し、積極的に発表及び論文投稿を行う。

2年コース

全般的な一般外傷の診断・初期治療・手術治療を経験してもらい、自立して治療方針を立てることができるようになる。加えて当院の専門分野である上肢(肩・肘関節)、脊椎の基本的手技を体得することが可能になる。また、学会発表及び論文作成は積極的に行っており、そのノウハウを指導医のもと習得できる。

1年コース

全般的な一般外傷の診断・初期治療・手術治療を経験してもらい、自立して治療方針を立てることができるようになる。当院の専門分野である上肢(肩・肘関節)、脊椎疾患の疾患概念、治療方針、治療後の予後を知ることができる。やる気次第では、主治医であれば手術執刀も可能である。また、学会発表及び論文作成は積極的に行っており、そのノウハウを指導医のもと習得できる。

6か月コース

整形外科外来診療法の基本を習得することから始まり、画像の読影法、基本的な初期治療法を習得することが出来る。